小学生対象のイベントを行いました!

こんにちは。ライターの清水です

前回、黒板の作り方を紹介するとお伝えしましたが、それは来週からにさせていただいて、先日札幌教材で開かれたイベントについて報告をさせて下さい。


先週、札幌教材製作所に賑やかな子供達の声が響き渡りました。
Dosanco
 Slala Proさんとの合同イベントで夏休みの小学生に参加をしていただき、工場見学+ミニ黒板にデコレーション。その後、社内にある巨大黒板で遊ぶ!というイベントがあったからです。

Dosanco
 Slala Proさんは普段は似顔絵を書いていらっしゃいますが、その傍らチョークやキットパス(固形マーカーです。口紅と同じ材料なので安全!この紹介は後日します)で絵を描いているアーティストさんです。

 

最初は工場見学から。
黒板を作る過程を言葉で説明しながら実際の作業を見てもらい、木材にも触って…少しずつ子供達の緊張がほどけていきます。
あ、事前に機械や作業場には『これ以上は入らない』『触らない』などの貼り紙や黒板があちこちにありました。
札幌教材さんのきめ細かい優しさが光っていましたね。

 



その後はお楽しみのデコレーション!
みんな真剣そのものです!キラキラを貼り付ける子、マッキーで絵を描く子。
個性が溢れた黒板を作っていました。

完成後はみんなで大きな黒板にお絵描き。
え?学校でもできるって?
ただの黒板ならそうなのですが、実は札幌教材の一か所は床が黒板なのです。
土足で黒板の上に立ってチョークで絵を描いたことありますか?
その床が壁にも繋がっているので、もうそれは家の壁に書いているような開放感!




最初の緊張は何処へ行ったのか…床に絵を描くという普段できない子供達も大興奮!ドラえもん、お星さまなど大好きな絵を描いて、とにかく大盛り上がりでした。

事前にDosanco Slala Proさんからチョークやキットパスで上手に絵を描く簡単な説明があったので、皆さんそれぞれの特性を生かして上手に書いていましたよ。

遊んだ後にはみんな黒板消しを上手に使って最初の綺麗な状態にしてくれていました。
(さすが現役!黒板消しの使い方がうまい!!と社員も絶賛)

帰る頃には自分で作った黒板とチョークを持って帰って、みんなキラキラした顔で帰宅をしていきました。午前、午後の部ともに大盛況でした。ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。


会の最初に社長から話があったのですが、知って欲しかったのはズバリ!
『自分たちが使っている黒板を地元で作っている会社があるということを知ってもらう』
楽しい経験とともにお子さん達の心にしっかりとそのことが残ったのではないでしょうか!?

そしてなんとなんと、この想いをテレビでも伝えてしまいますよ!

TV
で札幌教材が取り上げられる予定です。
詳しい内容は本橋さんのこちらのブログをご覧くださいね~。

http://s-kyozai.co.jp/?p=3823

 

 

 広告
工事現場の必需品
手持ち黒板!
1台でも2台でも!
あなたのご要望叶えます!
お問合せフォームはこちらから!
Tel:011-661-8130
Fax:011-661-8249